East Taiwan
東台湾

もっと気軽に、短い日数で、着いたその日にサーフィン可能
台東ローカルが営む宿でロコとビジターが交流するにぎやかなサーフトリップ

East Taiwan
東台湾

海外サーフトリップというと年に1度の大型休暇を必死の思いで会社と家族に申請し、大枚はたいて行くイメージをお持ちの方もいるだろう。もっと気軽に、短い日数で、そして温かく混雑のない海でサーフィンができるところはないか?そんなシンプルな要望を叶えられる場所・・・それが台湾だ。

東京から飛行機で3時間半あまり、歴史的にも日本と関係が深く、電子機器や美食の国、そして昨今では東日本大震災時に莫大な寄付を国を挙げてしてくれた台湾。南台湾へのサーフトリップはすでに有名なものとなっているが、今回紹介する東台湾は観光地化されていない穏やかでゆったりとした時間が流れている小さな村が主役のカントリーサイド。1年を通して初心者から上級者までレベルを問わずに遊べる波があり、たくさんのポイントが点在している。3日間でも大満足、着いたその日にサーフィン可能な東台湾は日々忙しい日本人にとって最高の海外サーフトリップ先かもしれない。

さらに詳しく

Accommodation宿泊施設

充実と安心のガイディングが自慢のサーフキャンプ
ローカルとビジターが自然と集まる台東の中心部

Accommodation
宿泊施設

東台湾でのガイドと宿泊施設を提供してくれるのが台東サーフショップ&ゲストハウスだ。送迎から観光、食事と滞在中のゲストとともに、朝から晩まで行動を共にしてくれるスタッフたち。東台湾サーファーの中心人物でもある彼らは、南台湾でのサーフガイドやコンテスト運営等の経験を持ち、台東でサーフィン文化の素晴らしさを伝えたいという熱い思いを持ってサーフショップ、ゲストハウス、サーフガイドのサービスを始めた。海が見えるゲストハウスの1階にはカフェがあり、台東ロコだけでなく台湾全土や外国からのサーファーも集まり、ロコとビジターが交流するにぎやかな場所となっている。

Rooms部屋

ゲストハウスに5部屋とドミトリーがあり、個人から団体などの様々な人数に対応。簡素ながらも滞在に不自由のないようにケアされている。無料Wi-Fi完備、1階サーフショップ隣のカフェでの食事や飲酒も可能。近所にコンビニエンスストアもある。


Surf Guideサーフガイド

Surf Guide
サーフガイド

台東生まれ台東育ちのローカルであるアフーとジェニファー夫妻。アフーは原住民の頭も張り、台東の文化、地理、全てを完全に網羅している。ジェニファーは宿の運営から食事の用意など肝っ玉母さん的な存在で、夜の宴会では皆を楽しませてくれる頼れる夫婦である。

さらに詳しく


Surf Pointサーフポイント

台湾ローカル曰く『台湾全土で最も波が良い場所』それが東台湾
初心者から上級者まで、ファンウェーブのメッカ

Surf Point
サーフポイント

10月〜5月の北東モンスーン時期は、平均胸程度の波が毎日ある。低気圧が通過すればオーバーヘッドの河口やリーフの波を楽しむことができる。波が大きくなれば台湾ウルワツと呼ばれるレフトのロングウォールを狙い、大きい波が苦手なファンサーフLoverは、波が小さくなるサーフポイントでサーフィンが可能。ウネリが小さい時はビーチブレイクでサーフィンができるので、 年間を通してサーフィンが出来ない確率は非常に少ない。

東台湾でのサーフィンのメッカは、東河(ドンハー)という小さい村。周辺には、河口、玉石、リーフ、ビーチブレイクと多種多様なサーフポイントが点在し、初心者から上級者まで楽しむことができる。村の人は全員知り合いというこの小さな村にはローカルサーファーも少なく少人数でサーフィンできるチャンスはまだまだ多い。

さらに詳しく


Activityその他のアクティビティ

タウンからカントリーを満喫
夜市、食い倒れ、買い物、温泉、美しい自然

Activity
その他のアクティビティ

東台湾では市内にはタウンの魅力、海沿いではカントリーの魅力を楽しむことができる。タウンでは週末に開かれる夜市に訪れたり、火鍋や台湾料理のレストランやマッサージ店に行ったり、温泉街まで足を伸ばすこともできる。また海沿いのカントリーでは釣りや野生の猿が生息する場所や渓谷を訪れ、のんびりと過ごすこともできる。

週末や連休を利用して3泊や4泊で数か月分の週末サーフィンを上回るラウンド数をこなすことも可能な東台湾。
ガイドたちのホスピタリティーはもちろん、食事や買い物などサーフィン以外の魅力もたくさん詰まった近くてすぐに行ける海外サーフトリップには最高の場所。

さらに詳しく

Page TopPAGE TOP