タイへご旅行されるお客様へ ~連続爆発事件への対応について~ – Geekout Inc,

What's New

タイへご旅行されるお客様へ ~連続爆発事件への対応について~

  • 16.08.16

8月11日、12日に発生したタイ国内での連続爆発事件につきまして被害に合われた方へお見舞いを申し上げるとともに、今後タイへ旅行をされる皆様へ弊社の対応についてお知らせいたします。

【タイの現状につきまして】
弊社取扱いエリアのプーケット島内でも、12日の朝小規模の爆発事件が発生しております。

爆発騒ぎが起こった時点では現場検証の為、一部道路封鎖などの規制が敷かれておりましたが、同日の午後には解除されております。

タイ国政府観光庁からのタイ現在に様子について(現在のタイの写真等もご覧いただけます。)
http://www.thailandtravel.or.jp/common/pdf/00270.pdf
http://www.tatnews.org/situation-normal-in-bangkok-on-13-august-2016/

下記、タイ国政府観光庁発出書面からの一部抜粋。
2016-08-16

【弊社の対応につきまして】

お客様の安全を最優先に常に最新の情報を取得し、皆様にご案内致します。

●外務省、及び現地提携会社より毎日タイ全土の安全に関する情報を取得しています。
●今後しばらくの期間、プーケット入りされるお客様には安全に関する書面を配布し、 注意喚起を致します。
●今後、タイへの旅行を予定されている方には弊社ウエブサイト(https://www.geekout.jp/)、Facebook(https://www.facebook.com/geekoutinc/)にて適宜情報を公開致します。
●お客様のご滞在中に事態の変化がありました際には、ご滞在ホテルなどに連絡致します。 お電話がつながらない場合はお部屋にメッセージを残します。 外出先からお戻りの際は、メッセージが入っているかご確認願います
●外務省の危険レベル、現地会社からの情報を総合的に検討した結果、現状ではタイへの旅行/ツアーは通常どおり催行致します。 (取消料対象期間に取消される場合はお取消料を申し受けます。)
外務省安全情報と弊社の旅行取扱基準について
●ご旅行参加中に安全に関する情報が発出された場合、現地提携会社がお客様にご案内致します。現地提携会社は安全情報の入手に努め、必要に応じ十分な対策を講じた上で旅行を催行します。

【お客様へのお願い】

タイに渡航・滞在を予定している方または既に滞在中の方は、下記についても合わせてご確認ください。

■外務省 海外安全情報 注意喚起
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C215

■たびレジ 在外公館などから緊急時情報提供を受けられる海外旅行システム 
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

■在タイ日本大使館からの注意喚起

【タイ国内における爆発事案の連続発生に関する注意喚起 2016年8月12日10時30分現在】
1 昨11日以降,これまでにタイ国内南部各県の複数の場所において,爆弾による爆破事件,及び爆弾が発見される等の事案が連続して発生しています。
依然として,各犯行の目的等の詳細は明らかになっておらず,引き続きの警戒が必要です。
なお,現地報道等をもとにした事案概要は以下の通りです。

・11日午後,南部トラン県の市場で爆弾が爆発し,複数の死傷者が発生。
・11日,南部プーケット島で爆弾とみられる不審物を発見。
・11日深夜,中部フアヒンの繁華街で爆弾が爆発し,複数の死傷者が発生。
・12日朝,南部スラタニ県の警察署前で爆弾が爆発し,複数の死傷者が発生。
・12日朝,南部プーケット島のパトンビーチ付近にて爆弾が爆発,複数の負傷者が発生。
・12日朝,南部ナコンシータマラート県で爆弾が爆発。
・12日朝,中部フアヒンの時計塔近くにて爆弾が爆発。

2 タイに渡航・滞在を予定している方または既に滞在中の方は、今後も不測の事態が発生する可能性が排除できません。同一の県内で複数回の爆発事件が発生している場合もありますので最新情報を入手するなど治安状況等の把握に努め、外出される際には十分な安全対策をとってください。

■問い合わせ先
在タイ日本国大使館領事部
電話: +66(0)2-207-8502、+66(0)2-696-3002
事件の犯人の特定や、事件の詳細につきましては警察からの発表は出ておりません。
その為、ご滞在中に繁華街やショッピングセンターなどの人通りの多い場所へお出かけになられる場合は、十分にご注意下さい。
————————————

※本情報はお客様の安全を保障、弊社がいかなる責任を負うものでもありません。適宜情報は更新致しますのでご確認お願いいたします。

Category:Press Release

記事カテゴリー

アーカイブ

Page TopPAGE TOP