SURF

まさか!?台北で初めてのサーフィン体験

  • 17.05.05

初めてのサーフィンってどこでするのが一般的なのでしょう?

僕のように仲間と一緒にサーフィンを始めたり、地元のサーフショップの門を叩いたり、ハワイのワイキキでロングボードに乗っちゃったり。

十人十色。様々なサーフィンに出会うストーリーがある。


サーフィンをし続ける目的も色々。
ただただ楽しいから、健康のため、目標とする波に乗りたい、etc

東台湾、サーフィンスクール

東台湾でも小学生にサーフィンを教えたり。サーフィンは台湾に根付き始めています。



サーフィンは、楽しくて、健康的で、一生向き合える何か。
サーフィンは宗教だ。
そんな名言も残っている位、裾野が広くライフスタイルにも影響する稀有なスポーツでもある。



台湾、台北でもそんなサーフィンを気軽に体験できるようになりました!

しかも水着とタオルを持参頂ければサーフボード等は含まれています。
お勧めの時期は水着でサーフィンできる4月中旬から10月。

台北に旅行に来たついでに日帰りサーフィン体験。
1名様で参加の場合は、お一人様2万円。
2名様以上で参加の場合は、お一人様1.5万円。

料金には、台北市内のホテル送迎、サーフボードレンタル、サーフポイントまでの送迎(ドライバー/車/ガソリン)、サーフガイドのサービス、台湾のローカルランチが含まれています。

朝6~7時にホテル集合。お客様専属のガイド兼インストラクターがその日のコンディションの良い場所にご案内(1~2時間)、2時間程サーフィンを楽しんだらランチタイム!
その日の場所によって、台湾の家庭料理が食べられるレストランや有名な牛肉麺、あるいは漁港で魚やエビを購入してレストランで料理してもらったり。台湾グルメを満喫したらもう一ラウンドサーフィン、または早めに台北市内に戻って夜の観光に備えたり、お客様の”楽しい”をサポートします!

 

台北のサーフィン体験の特徴は、ハワイのワイキキ、或いはオーストラリアのゴールドコーストのようにホテルと海が遠く便利じゃない、思い出だけで終わらない、水は透き通っていない、ってナイナイ尽くし。笑


●アクセスはワイキキのように便利じゃない。ホテルの目の前にサーフポイントがある訳でもない。
海まで台北のホテルから1~2時間。台北市内の喧騒から逃れ、山を越え、田舎町へ。
台湾の独特なお寺の目の前のサーフポイントもある。
小旅行だ。でも旅行先から更に違う場所へ行くのは楽しいですよ。

台北、サーフィンスクール


●陽気なおじさんが海でロングボードを押してくれる訳でもない。
でも台湾のロングボードチャンピオンの阿華(アーファ―)を中心としたメンバーが、真面目に楽しいサーフィンを体験をサポートしています。きっと日本に帰国したら最寄りのサーフショップにスクールに行ったり、通っている海にもっと行きたくなると思います。


●海はカリブ海のように透明で熱帯魚が見える訳でもない。
どちらかと言うと千葉北のビーチブレイクのようなロケーション。熱帯魚もいないけど、サーフィンを始めるには怪我もしないし最高の環境。




●海上がりに夕陽を眺めながらビールが飲める訳でもない。
サーフィン後は、漁港によって好きな海鮮を選んで料理してもらったり、牛肉麺と台湾ビールで乾杯。帰りの車中でもビール飲みながら車窓から景色を眺める時間も心地よい。温泉に足を延ばしたり、夕方には台北市内に戻って夜市なんてのもいいですね。

北台湾、台北 北台湾、台北

そんなナイナイ尽くしの台北サーフィンですが、
人とは異なる、サーフィン体験、楽しい時間を台湾でしてみたい方はこちらから。

台北市内のホテルに滞在のお客様は、日帰りツアーがお勧めです。
ご出発の5日前までにお申込みくださいね。

台北サーフガイド:https://www.geekout.jp/tour/detail?id=522


海外サーフトリップならGeekout!

Category:SURF

記事カテゴリー

アーカイブ

Page TopPAGE TOP