Blog

サルタン&ホンキーポイント、独占化を免れる!

  • 15.08.26

初級者から上級者まで様々なレベルのサーファーが楽しめる波があるモルディブのノースマーレ。

常夏、透明度の高い海、パーフェクトな波、一日中サーフポイントの前に滞在できるボートトリップ等、サーファーにとっては極上の条件が揃っている。

一度行くとその波、サーフィンの環境に魅了されリピートするサーファーが続出するこのエリアにはライトのサーフポイントが4か所。レフトのポイントも4か所。

8か所のうちレフトのロヒスとパスタポイントは既に各リゾートに滞在しているサーファーしかサーフィンできない状態である。

Sultan&Honky Air shot

そんな状況の中でサルタンとホンキースがある島にもリゾート開発が認可され、サルタンとホンキースもそのリゾートに滞在しないとサーフィンできないと一度は政府が認可した。

 

しかし、ローカルサーファーやSNS等で反対したビジターサーファーの動きもあり、モルディブ政府はこの度、このリゾートの建設計画を白紙に戻し、サルタンとホンキースの独占計画も白紙となった。

あわせてサルタンとホンキースはSurfing Heritageとして登録される事となり、めでたくこのエリアのサーフポイントが守られる事になった。

 

個人的にもモルディブは縁の深い場所であり、8か所しかないサーフポイントのうち4か所がプライベート化されてしまうとこのエリアの魅力も無くなってしまうと思っていたので非常に嬉しいニュースである。

 

湘南でも2020年のオリンピックのために逗子マリーナの拡張計画がありますが、このエリアにも世界に誇る日本の波が存在するため、モルディブを見習い自然と経済のバランスが取れた開発を是非お願いしたい。

 

Keep Traveling!!!!

 

Category:Blog

記事カテゴリー

アーカイブ

Page TopPAGE TOP