Blog

シークレット探検とゴージャスな夕陽。シメルー島視察サーフトリップ Day5

  • 17.06.28

前日の夜に、ガイドのブラッドさんから気になる話が。

「明日は、シークレットに皆さんをご案内しようと思う。」

シークレットである。
シークレットですよ?



早速「シークレット」をWikipediaで調べてみた。
シークレット(Wikipedia):英語で「秘密」などを意味する名詞。

そう秘密です。ってすいません。めんどくさかったですね。

サーファーとしてシークレットスポットに連れて行ってもらえるというのはどれだけ光栄なことなのか?
もちろん、無駄にサーフィン経験年数だけ長い私にとってはその意味は重い。
5年以上の歳月をかけてムーンビーチリゾートのサーフガイド達が確認してきたシメルー島のサーフポイント。
彼らが滅多に人を連れて行かないところに連れて行ってもらえるのは、毎日毎日楽しそうに連れて行ってもらったサーフポイントで遊んでいるからか?
はたまた実はそんなにシークレットではないのか?笑

 

しかもシークレットという事は、もしかしたらとんでもない波が待っているのか?
ティーバッグス(Tea Bags)の二の舞だけはご免だぜと心の中で呟いていたのは私だけだろう。

シメルー インドネシア

トラウマになりかけたTea Bags。笑 ただの準備不足です。



とにかくびっくりしたと同時に遠いので朝の早起きも受け入れたのであった。

朝6時起床、6時30分出発。
いつもより1時間も早い出発だ。笑

リゾートのレストランのお母さん達も早く来て朝食とランチを作ってくれた。
皆さん、本当に優しくてありがたい。
片言のインドネシア語と片言の英語でお互いコミュニケーションをとる。
でも、こういう時に言葉は関係ない。お互いの表情や態度で何を言いたいかは伝わる。



某所まで車で行き、そこからボートに乗り辿り着いた場所は椰子の木だらけで自然一杯。

荷物を置いてボートでサーフポイントに向かうとレギュラーが2ピークでブレイクしている。

インドネシア,シメルー

そんな飛び込み方しなくても。。。

インドネシア,シメルー

ジャングルを抜けてビーチへ。岸からもアクセス可能だがリーフブーツはあると便利!



奥のピークはサイズが上がるとチューブ。手前はマッシーでFishとかロングボードが楽しそうな波。

到着してすぐはモーニングシック的に波の面は綺麗だけど少しよれていたが、時間が経つにつれて潮もあってきてクリーンな波に。

もちろん、我々以外には誰もいない。

インドネシア,シメルー インドネシア,シメルー
インドネシア,シメルー

オーストラリアからKelso!

インドネシア,シメルー

Ausから元プロサッカー選手のAdam.

インドネシア,シメルー

Adamの息子のOscar。身軽にこの波を乗りこなしていた。

インドネシア,シメルー

日本から人見プロ。バックサイドで際どいところを攻める。

インドネシア,シメルー

森本プロ。シングルフィンで渋いラインを描いてくる。

インドネシア,シメルー

潮がひくにつれて波も…

インドネシア,シメルー

そこかしこに波がブレイクしている。



お昼には、ブラッドがソーセージを焼いてくれ、リゾートのお母さんが作ってくれたナシゴレンでお腹いっぱい。

インドネシア,シメルー
インドネシア,シメルー

シンプルだけど美味しい!ここで食べるからこそだと思う。

インドネシア,シメルー

一緒に船で渡ってきたボートオーナーの息子。磯で釣り!


2ラウンド目のサーフィンをさくっとやって家路に。
そう。もう家。
ブラッドも食事を作ってくれるお母さん達もアットホーム。
昭和30年代か!的なスマトラ島の田舎にあるリゾートだが、設備も部屋もしっかりとしていて快適。
疲れたら早く家に帰りたいな~。
ベランダでノンビリしたいな~。
そんな最高な宿。

インドネシア,シメルー

こんなゴージャスな夕陽は現場で見ましょう!写真では表現できない。



明日は何が待っているのか?

Keeptraveling!
Banner シメルー インドネシア




海外サーフトリップならGeekout!

Category:Blog

記事カテゴリー

アーカイブ

Page TopPAGE TOP