Blog

モルディブへのサーフトリップ、代金トリックの話。とあるライターのブログ

  • 16.04.29

サーフトリップ先を決める上で、確かにトリップ代金は重要ですよね。

少しでも安く済ませたいというのは、サーファーでなくても消費者一般の心情。

場合によっては、旅行代金を見て高いと判断し、トリップ場所を変更した

ということがあるかもしれません。

でも、ちょっと待った!

旅行代金にもカラクリがあるのを知っていますか?

といっても、旅行代理店がわざとカラクリを仕掛けているというわけではないんですが…。

 

モルディブ サーフトリップ ボートトリップ

今が旬のモルディブ・ボートトリップ。一度は行ってみたい旅先であり、トリッププランですよね

 

ようやくサーフシーズン入りを果たしたモルディブ。

旅のプランとしてボートトリップとリゾートステイの2パターンがありますが、

注目すべきはボートトリップのほう。

例を挙げるとわかりやすいのですが、このボートトリップとカリフォルニアに

旅した場合を比較してみると、旅行代金のカラクリに気づきます。

モルディブのボートトリップのほうが料金が高く、

「やはりあぁいった形態の旅は高いんだな」

と思うでしょうが、ボートトリップの代金には3食(なんなら昼寝も!)付き。

カリフォルニアの場合にはほとんどすべての食事が外食となるので、

その代金に加え、毎食約15%のチップがかかってきます。

食事代はもちろん仕方ないのですが、意外とこのチップがボディブローのように効く!

旅行の総額を考えたときに、チップの占める割合も多いのです。

もしチップをケチりたいなら、毎食ファストフードで我慢する他ありません。

口にするものが毎回タコ○ルのブリトーなんていうのは、とても味気ない。

それこそ旅を楽しんでいないことになりますよね。

対してモルディブ・ボートトリップは、旅の最後のタイミングで旅全体に

対するチップを支払うマナーは必要ですが、比較したら旅行代金の

他にかかるお金が圧倒的に少ない。

ほぼ旅行代金以外は必要ないといっても過言ではないんですよね。

 

モルディブ サーフトリップ ボートトリップ

モルディブ・ボートトリップの場合の食事は、種類が豊富なビュッフェ形式が主流!

 

移動手段にかかる代金も同様です。

カリフォルニアの場合はレンタカーがマスト。

車社会で、しかもサーフボードを持って移動するサーフトリップなので、

車を借りないと楽しめません。

モルディブのボートトリップは、すべて込み。

ポイント間の移動に追加料金が必要なわけじゃないので、レンタカーなどの

金額を計算に入れたプランを立てなくていいのです。

そのとき波がいいポイントへ、参加者のレベルや好みに合わせて

自動的に移動してくれる。

 

モルディブ サーフトリップ ボートトリップ

こうした小型ボートでのちょっとした移動も、モルディブ・ボートトリップなら旅行代金に含まれているわけです

 

つまり、モルディブのボートトリップは、提示された旅行代金が

ほぼそのまま総額になるってことなんです。

さぁ、カリフォルニアの総額と比べてどうでしょう?

もしかしたらカリフォルニアのほうが高くなるかも…。

もちろんカリフォルニアだってお金をかけていく価値のある旅先なんですけどね。

ということで、もしこれまでモルディブへのボートトリップを高額だからと

諦めていた人がいるとしたら、その固定観念を見直すチャンスかもしれません。

 


モルディブボートトリップならGeekout

Category:Blog

記事カテゴリー

アーカイブ

Page TopPAGE TOP