Blog

シーズンも半分過ぎた東台湾&南台湾サーフトリップ 2016年~2017年

  • 17.01.13

冬本番の日本ですが、冬型が強まれば強まるほどしっかりとしたウネリが届くのが太平洋の島々。


10月から5月までシーズンの東台湾、年中サーフィン可能な南台湾にも今年も良い波が入っています。しかもサーファーの数はまだまだ少ない!サーフトリップには最高の場所、最高のタイミングです。

シーズンも半分を過ぎたこの東台湾、南台湾の波を振り返ってみましょう。


■東台湾サーフトリップ
11月はレフトの台湾ウルワツ(と勝手に呼んでいる)や東河河口、金樽もGood Condition!11月の東台湾でのサーフィンは、まだまだトランクス(水着)とタッパーです。
台湾の冬のシーズンは、一旦シーズンに入ると腰以下のサイズに下がることが滅多にないこと。毎日胸肩頭の波を少人数でサーフィン可能。



東台湾

東台湾 東台湾 東台湾 東台湾 東台湾 東台湾 東台湾 東台湾 東台湾

東台湾

12月になると冬型が強まり徐々に波の平均サイズもアップ、コンスタントさもアップ。
金樽が地形が決まっていました。風が強い時のサーフィンは、3㎜ジャーフルが最適ですが晴れた日はまだまだトランクスとタッパーでサーフィンできます。荷物少なくサーフトリップをするならロンスプでバッチリです。

東台湾 東台湾 東台湾 東台湾 東台湾

 

東台湾

 

東台湾

 

東台湾東台湾


1月に入ると、お正月は日本のサーファーで混み合いますがまだまだ少人数でサーフィンできる時間帯やピーク、ポイントがあります。まだまだロコはトランクスでサーフィンしている猛者も。一般の日本人は風の強い時はロンスプか3㎜ジャーフル。晴れて暑い時はトランクス+タッパー、ロンスプがお勧め。

東台湾 東台湾 東台湾 東台湾 東台湾 東台湾 東台湾


コンパクトなバレル、長いレフト、ロングボードやFishに最適なAフレームの小波ポイント等、多種多様なサーフポイントが存在する東台湾。

4月上旬までは非常にコンスタントに胸肩頭でサーフィンできます。
3月下旬からはトランクスだけでサーフィンできる日も増えてくるので一足早い初夏の東台湾でのサーフィンもお勧めです。


ご予約はお早めに。
航空券は空きが多ければ多いほど安くご案内できます。
今年の旧正月は1月28日なので1月20日~2月上旬、3月18~20日近辺にご出発を検討されている方は今すぐお問い合わせを!!!


東台湾へのサーフトリップ
http://tinyurl.com/zp3hplo



■南台湾サーフトリップ
東台湾よりも更に暖かく、一年中サーフィン可能な南台湾は日本の各地から高雄まで直行便がでているのでロングボードの方もアクセスしやすく、台湾人の観光地なのでノンサーファーでも楽しめるエリア。ホテルも充実しているのでサーファー向けの民宿からホテルまで選べます。

東台湾もファンウェーブですが、更にゆっくりとサーフィン、観光、食事等を満喫したい女子旅にもお勧めです。

10月はなんとクリスチャンフレッチャーが登場。ガイドのKichi(少し日本語可)も憧れの人とパチリ。

南台湾 南台湾 南台湾 南台湾


11月に入ると南台湾もコンスタントにサイズアップ。ちなみにトランクスでサーフィン可能です。

南台湾

 

南台湾 南台湾

 


12月に入ると若干気温下がるのでロンスプが最適。もちろん波はあります。佳落水がメインポイントとなりますが、昨年12月は南湾もブレイクしていました。

南台湾 南台湾 南台湾

 

南台湾 南台湾南台湾南台湾

 


正月も変わらずGood Wave。

南台湾 南台湾


南台湾へのサーフトリップ
http://tinyurl.com/jfnb8wv



台湾へのサーフトリップは何と言っても波がコンスタントで、人も少ない。アフターサーフは小龍包や北京ダック等の食事やマッサージ、お寺観光から占いまでサーファーはもちろん、ノンサーファーも遊べるところが魅力。
一人旅、仲間、カップル、子供と一緒に家族で。
様々な要望に対応でき、3日間以上で満喫できる台湾にこの冬、是非お越しください!


海外サーフトリップはGeekout

Category:Blog

記事カテゴリー

アーカイブ

Page TopPAGE TOP