癒しのレフトとバッファローサーフ シメルーサーフトリップ Day4 – Geekout Inc,

Blog

癒しのレフトとバッファローサーフ シメルーサーフトリップ Day4

  • 17.06.23

朝起きるとシトシトと雨。
晴れている方が気持ち良いけど雨も嫌いじゃない。
ジメッとした暑さもなく、シャワーのような軽い雨がムーンビーチリゾートの庭を濡らす。

今日もゆっくりと美味しい食事を味わう。
白湯か果物や野菜で作ったスムージーで済ます事が多い僕にとって、30分もダイニングに座って仲間と今日の予定やバカ話をしながら朝食を味わうことがどれだけユタカな時間であるか改めて気づくのだ。

こういう時間って必要ですよね。
世の中ではマインドフルネスとかリトリートとかが流行っていますが、求められているからこそなのでしょう。
スマートフォンとインターネットが仕事もライフスタイルも劇的に変え、いつでもどこでも仕事をすることができるようになった時代だからこそ、世界の片隅で、ダイニングに座って美味しい御飯と仲間の話に耳を傾ける時間は30分の瞑想に匹敵するくらい気づきが多いかもしれない。



サーフガイドのブラッドの提案により、今日は島の裏側(北側)にあるタイランド(Thailand)というサーフポイントに行くことに決定。

シメルー

タイランドは、頭半程度から本領発揮してくるレフトハンダー。
波は常にあり、前日のティーバッグス(TeaBags)のようにパワフルな波ではなく、メローで頭オーバーであればロングボードやFishのようなトラジション系のサーフボードがマッチする。
頭半を超えると通常のショートボードでもリッピングの連続となる。
どちらにしてもファンウェーブってことだ。

ティーバッグスで折れかけた私の心もここで復活となるのか。
そう。実はティーバッグスが猛烈にパワフル過ぎて、1本目の波でリーシュが壊れてサーフボードはリーフを転がりボロボロに。サーフボードを回収し、ボートまで戻る頃にはクタクタ。


そんな我々(と言うか私)を歓迎してくれたタイランドはとてもメローで、カービング最高!な波。
曇り空だが海はスーパー透明でサーフィン&シュノーケル。
2時間程サーフィンして潮がひいてきたので撤収。

シメルー
シメルー

豪ぷろ

シメルー

Ken太郎

シメルー

Hitomi Hideki

シメルー

Morimoto Maya

シメルー

リゾートで着替えていったほうがいいですよ!笑



タイランドに行く船着き場の周りはマングローブが自生していてSUPクルーズにも最適。

 

帰りにサーファーを見つけたのでチェックしてみるとローカルサーファー!!!

シメルー

我々がチェックしているとわざわざ海から上がってきてくれた。

シメルー

結局、村人も集合。笑

シメルー
シメルー

美しいビーチ

シメルー

Girls on the beach!



午後は、やっぱり水牛とサーフィンでしょう!
と誰が言ったか分かりませんが、そこかしこに水牛がウロウロしているサーフポイントへ。

 

シメルー

 

シメルー

バッファローは大人しいので近寄っても平気。



この島の人々はとても人懐こい。
撮影をしていたら村人全員集合したのじゃないかってほど、村人集合。
ドローンパイロットの豪ぷろは、ドローンだけでなく子供も操っていた…笑

シメルー

このサーフポイントも、頭オーバーのメローだが長く乗れる波。
国内線の都合でロングボードは持ち込めませんが、ロングボードやFish、ミッドレングスのシングルフィンでサーフィンしたくなるような波質。

 

シメルー
シメルー

たまにバレルも。

シメルー

水牛使い

 

シメルー


左にはビーチブレイクもあり、エントリーも楽なサーフポイント。
皆、サーフィンやりきった感と疲れ切った感の狭間をユラユラしながら美しい夕陽を眺めながら帰路につくのであった。

シメルー

ビーチブレイク



PS.車で水牛のウンコを踏むと、車の速度によっては飛び散るので窓から腕は出さない方が良いってことを学ぶこともできました。皆さま、お気をつけください!


明日はどんな波が待っているのか?
Keep Traveling!

 

Banner シメルー インドネシア

海外サーフトリップならGeekout!

Category:Blog

記事カテゴリー

アーカイブ

Page TopPAGE TOP