ベトナムダナンサーフトリップ 噂のドラゴンポイントへ その2 – Geekout Inc,

Blog

ベトナムダナンサーフトリップ 噂のドラゴンポイントへ その2

  • 19.02.04

夜中出発して早朝にはドラゴンへ着く予定だったが、車両のトラブルで途中で修理などをして時間をロス。

途中で朝を迎えたので、ベトナムならはの朝食のフォーをいただく。

ベトナムサーフトリップはギークアウト

これでなんと50円程度で優しいお味でとてもおいしい。

食事を終えると、更に車を走らせてようやく目的地のドラゴンへ到着!!

すぐさまポイントが見える高い建物から波をチェックさせていただくと、全貌は見えないものの

明らかにアウトから飛んでもなく長そうな波が割れている。何度が来てる方が「こりゃあるな。」

とこぼして、初めての我々はテンションがあがる。

とはいえ、大人なサーファーが多かった今回は落ち着いてコーヒーでも飲んでから行こうとまずは

美味しいベトナムコーヒーでリラックス。

ベトナムのサーフシーズンとしてはダナンエリアが雨期の期間で11月~3月と日本が冬の期間といわ

れている。4月~10月はビーチエリアであればミッドレングスやロングボードで楽しめるとのこと。

後は夏の台風スウェルを狙る。

ベトナムサーフトリップはギークアウトへ

朝のコーヒーも済ませいざ、ポイントへ移動すると!!

アウトから素晴らしいファンウェーブが割れていました。ドラゴンは最高の波で出迎えてくれた。

このアウトから更にインサイドのビーチ向けて延々と波が続く。コンデションが整えば600Mの

ライドが可能というのもうなずける。

この日は胸~肩でたまにセット頭程度で大きくはないが、200-300Mくらいライドできる波あり

十分に堪能できる波だった。

興奮を押さえつつ皆、ボードをセットアップ

さすがベトナムを知り尽くしいる布田氏がまずはチャージ。

ベトナムサーフトリップはギークアウト

今回、トリップが重なった酒井さん。

アウトから割れて緩くなり、また張って来て緩くなりまた張るの繰り返しの遊園地。

NOBRAND 小林氏

 

幸運にも、この日は1日中ファンな波が続いた。いい波を掴めば200-300Mはライドできるので

アウトに戻るパドルでの道のりが長く腕がパンパンになるが、このファンウェーブに乗れると思うと

何度でもアウトに戻り波をキャッチしてぐるぐる皆で波を回してクタクタになるまでサーフィン。

限界までサーフィンを終えると最高のローカルフードとベトナムビールが待っていてくれて

更なる至福の時間だ。この顔を見れば満足度がうかがえるだろう。

料理は日本人にとても合う味でサーフィンでの空腹をしっかりと満たしてくれる。

これだけ飲んで食べても価格はかなりの安さだ。物価の安さもベトナムサーフトリップの良さでもある。

この日は皆、大満足でクタクタになり宿へ向かい早々に就寝。。

 

ベトナムダナンサーフトリップ その3へ

               つづく

 

ベトナムサーフトリップはギークアウト                         

Category: Blog SURF

Related Post

記事カテゴリー

アーカイブ

Page TopPAGE TOP